読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『枯れない世界と終わる花』 雑記

プレイと並行して書きなぐり。

 

コトセの話

コトセの”悲しみ”という感情を取り戻し、天使の役割から開放させるために、”大切な人との別れ”が必要だった。その”悲しみ”を発露させるシチュエーションとして、”マヤが消されること”が使われるわけだが、これはどうなんだろうなあと思ってしまった。

マヤの願いとしては筋が通った話だけど、ショウサイドとして考えると、マヤの願いにおんぶにだっこ、受け身のままコトセを開放に持っていくという感じがして、自分の思う主人公的行動ではないなぁと思った。

 

ユキナの話

幼少期の”信じなければ裏切られない”という信条を捨てて、ショウ(親役のほう)たちを信じるという選択をするが、結局ショウは姿を消し、ユキナは物事に強く”諦め”を抱くようになる。羽を取り除くには本人の意思が必要なので、ユキナの強い諦めの心持ちをどうにかする必要があった。で、諦めを抱く原因となった”親の裏切り”が勘違いであることを教えることで、諦めの感情を崩し、希望を願わせる状態にした。

…で、この流れに至るために、アカリさんが消される必要があったのか。別にアカリさんとの別れをきっかけにしなくても、ショウが真実を伝えるための流れは作れたんじゃないかと思う。コトセに続いて、やっぱりショウはどこか受け身だなあと思った。

 

 ハルの話

ショウ(アキト)が何故今の状況になっているかについては、まあ予想通りだったので割愛。

アキトとの約束を守ることと、羽を渡さないという意思がなぜ繋がるのかが理解できなかった。何か読み落としたか、読み込みが足りないか。

 

レンの話

アキトが最後のまで「犠牲の要らない世界」に自分自身の犠牲というものを含めていない、犠牲のない世界のために犠牲を出すという矛盾。アキトがここまで自己犠牲に囚われているのは、ショウを失い、コトセ・ユキナ・ハルの記憶から自身が消え、求めてくれる人が消えてしまったからかなあと思う。…レンはアキトを求めてくれていたと思うんですけど、彼女一人じゃ足りなかったか、という考えは彼女が可哀想すぎるが、そういう思考に至ってしまう。

 

ED

世界の意思としても、世界をどうにかしたいという思いはあったが、何を試してもうまくいかなかった。そこにアキトが現れ、最後の望みを託した。レンのような存在を作り出せる、羽を奪う役目を与えられるなら、アキトの願いがなくても初めから世界の再構成は世界自身の意思で可能だったのでは?と思ったが、羽の所持者本人が、それを手放す意思を示さなくては羽を取り除けないという縛りがあり、世界そのものの意思では、それを超えることができなかった。そこを超えるためにアキトが必要だった、と考えれば納得できる。

アキトは自身の命を代償に世界を変えることを願ったわけだが、結果的にアキトは生き続けている(1回消えて戻ってきたか?)。なら最初からそんな代償いらなかったのでは?というかそもそも、世界の意思とアキトの願いは一致しているわけだから、アキトが代償を払う必要すらないのでは?世界のルールと世界の意志は別なのだろうか。この2つが別個のものなら、ルールとして代償が必要というのは、まあ筋が通るか。では、結果的にアキトが生きていることについてはというと、代償を払って犠牲のない世界というものに世界そのものが変わったので、世界のルールも変わり、世界の意思として、アキトを生き返らせることができた(アキトも生きることを望んでいたし)、と考えることはできるか。

 

その他:全体を通して感じたこと

誰も犠牲にならない世界を臨みながら、コトセ・ユキナの羽を取り除くためには犠牲を払い、また自身も犠牲になって構わないというスタンスは矛盾なのではないか。アキトの自己犠牲精神についてはレン部分で記述した通りなので、ある程度納得はある。

前者について考えてみると、まず「こんな世界間違ってる。俺が変えてやる。」的なアキトの意思は、その根底に「自分の家族を救いたい」という願いがあって成り立っており、つまり正確なアキトの意思は「家族を守るために世界を変える。」ということになる。ここでいう世界は、広義的な、物理的な意味で言う世界ではなく、アキト自身が感じている小さな世界(自身と家族を中心としたもの)である。よってアキトの臨む「犠牲のない世界」とは「生きている誰もが犠牲にならない世界」ではなく「自分の家族が犠牲にならない世界」を指す。こう認識することで矛盾は解消する。

 

全体感想

世界構造についての説明が浅く、その部分について思考を巡らせることが多かった。

シナリオは先が読みやすく特段感情を揺さぶられることはなかった。

キャラクターとしてはレンの表情豊かさに心癒されることが多々あった。本作で最も魅力と感じられる部分といえる。CV秋野花による「ぎゃらくてぃかろーりんぐぱんけーき」が本作のピーク地点と言っても過言ではない。

 

以上

『ロリ巨乳の里にて 無料版』 雑記

ノベルゲーム

 

「パイズリセックス」ってワード、めちゃくちゃ強いですね。

 

とりあえず無料版隠しキャラ含めて親密度みたいなのマックスにしてハーレムエンドっぽいのも観終わったのでクリアということで。

 

エロかったです。本番が一切ないという徹底っぷり、とても良いです。

 

戦闘パートのバランスもそこそこ良かったように感じます。ただ、妖刀の状態異常付与率高すぎる気がしました。あの武器だけ異常に強い。まあ鍵付きの宝箱とか幾つか開けてないのもあるので、他にも強い武器とかあるのかもしれないですけど。

 

シナリオ・世界観も凄く好きでした。ハーレムエンドの「幸福の絶頂の中で死んでいく」という最高の死の形で終りを迎えるのとても良いですよね。

 

キャラはたぶん薊ちゃんが一番好きですかね。一番レベリングして一緒に戦ってたのは花梨ちゃんなんですけど。ボクっ娘でラブラブ射精管理パイズリセックスとか100点満点かよって感じです。

 

軽くシコるくらいの目的で始めてみたらエロ・ゲーム面・シナリオ・世界観どれも満足なもので、予想以上に面白かったです。

『CyberRebeat』 雑記

ノベルゲーム

ネタバレしつつ書きます。ご注意を。

 

序盤、OPムービーが流れるまでは正直言って詰まらなかったというか、主人公が面倒くせえなあって感じだった。

 

しかしここを超えてからじわじわと面白くなり、中盤からラストまではトップスピードで駆け抜けていく感じに面白かった。

 

全体的な感想みたいなのはこんな感じ。以下、終盤についての雑記

 

Warlock

ハッカーが溢れたこの世界。ああ、ハッカーが悪いだなんてのは、面倒な説教を受けずとも分かってる。同じ狢となった今、俺にも弁明の言葉はないし、また逆に家族を殺したハッカーどもを擁護するつもりも微塵もない

けれど

けれど、だ

ハッキング――すべての元凶となったその行為において

その業は、本当に私達ハッカーだけが背負うべきものなの?

 

『CyberRebeat』

 

サラが言いたいのは、ハッキングという行為の業はハッカーだけのものではなく、それに対して余りにも無関心過ぎる人間たちにもあるのではないか、ということだと思う。

日常的にPCやスマホを使う現代において、そのセキュリティに関して世界は余りにも無関心、無防備過ぎる。ハッキングは悪いことだけど、それへの対策を何もしないのは、ハッキングとはまた違う方面で悪いことではあると思う。

いやいや、電子機器に疎いなら仕方ないんじゃない?というツッコミもあるだろうけど、そうじゃない。そういうものを日常的に使うと決めた段階で、「疎いから」なんて言い訳は意味を成さない。使うなら、せめて最低限度の、使いこなせるだけの知識と技術を身につけないとダメだと。

無関心さや言い訳によって、個人の情報セキュリティ意識は向上せず、そこが穴になってハッキングが容易になる。セキュリティ対策をする側の意識が低いから、ハッキングをする側はちょろっとそういう知識を身に着けて、どこかで拾ってきたソフトウェアを使えばハッキングができる。そう考えれば、ハッキングの業はハッカーのものだけではなく、社会全体の業なんじゃないかと、そんな話をサラはしたかったのかなあと思う。

 

あ、あと引用の最後の行で、口調が素に戻って、一人称も「俺」から「私」に戻るの、いいよね。本音を漏らしているのがよく分かる。

 

ここに至るまでは、ハッキングバトル作品としてだたワクワクしながら呼んでいたんだけど、サラのこの科白前後から一気に僕らの世界に向けた批判的意味が大きな作品に変わった。上で引用したサラの言葉も、その後に書いた雑記も、僕らのインターネットにそのまま当てはまる話なわけで、耳が痛い。ここに至るまでにもちょいちょいとそういう雰囲気は出ていたけど、一気に爆発したのはここだと思う。

 

色々言語化しきれてないまま勢い任せに殴り書きしてるので、気が向いたらそのうち加筆修正とかするかも(言い訳)。

 

ハッキングハッキングって連呼してきたけど、ハッキングじゃなくて正しくはクラッキングに対する話だよね、多分。でもまあ、作中でクラッキングじゃなくてハッキングってワードをメインで出してくるし、そっちに倣うかなあって感じでハッキングで統一しました。

ざくざくアクターズ EXマオちゃんを倒した話

レベルを上げて物理(魔法)で殴る方式

 

編成は、ティーティー、ヘルラージュ、エステル、メニャーニャ、マリオン、ニワカマッスル、デーリッチ、ゼニヤッタの8人。実際に前衛に出して使ってたのはティーティー、ヘルラージュ、エステル、メニャーニャ、マリオンの5人で、残り3人はほぼ死体だった。

 

レベルは以下の画像参照。ステータス上昇アイテムは貯めこんでたものを全部使った。HP・MP回復系のアイテムも持てるだけ全部持っての挑戦。常時スキルも巻物で覚えさせられるもの片っ端から覚えさせて、店舗ブーストも「次の会議まで◯%上昇」系のやつに全部つぎ込む。

f:id:famn7:20160916015728j:plain

f:id:famn7:20160916015741j:plain

 

次、各キャラ装備とかスキルとか。

ティーティー

ウルトラマリアはMP回復アイテムとか全体HP回復アイテムの効果上昇のため。頭と身体は属性耐性の装備で装飾品は金剛シールド。キャラによって炎耐性装備だったり雷耐性装備だったり若干ばらつきがあるけど、特に意味は無いです。マオちゃん炎メインだし炎耐性統一が一番いいのかなあとか思いつつ。

巻物で覚えさせたスキルはリビングチェイン。多分これがなかったら死んでた。ヘルラージュとエステルとメニャーニャにも覚えさせてる。

f:id:famn7:20160916020344j:plain

 

 ヘルラージュ

武器は風アップのやつ。身体装備夜空のマントになってるけど、F・サモナーズで良かった感。

巻物スキルはリビングチェイン、スーパーソニック、魔導チャクラⅡ。他にもダメージ系スキル覚えさせてあるけどとりあえず重要なのはこれ。魔導チャクラⅡはエステルとメニャーニャにも付けてる。

f:id:famn7:20160916021515j:plain

 

エステル

武器は炎アップで防具は炎耐性。

巻物スキルはリビングチェインと魔導チャクラⅡ。

f:id:famn7:20160916021922j:plain

 

メニャーニャ

武器は雷アップで防具は炎耐性で良いと思う。

巻物スキルはさっきと同じくリビングチェインと魔導チャクラⅡ。

f:id:famn7:20160916022040j:plain

 

マリオン

武器は強ければなんでもいいんじゃね?みたいな感じで選んだ。防具は雷アップと雷耐性。別に炎耐性にしてもいい気がする。

巻物スキルはハードチャクラとピンチチャクラ(後者は使ってないけど)。

f:id:famn7:20160916022208j:plain

 

残り3人は死体役だったので省略!

 

次、戦い方。

とりあえずターン数のカウントが大事なので、なんかカウント出来るような環境があると良い。俺は面倒だったから頭でカウントしてたけど、第3段階で2回くらいカウントミスして死にかけました。

まず第1段階。マオの動きは、2ターン普通に攻撃→3ターン目にマステマレーザーのくり返し。

こちらの動きは、ティーティーで紅茶リジェネ、ヘルラージュでEX.ウインドブレスト、エステルでフレイムウォール、メニャーニャでサンダーウォールを常時貼り続け、合間に攻撃と回復。

ステマレーザーのターンは全員防御。この時、ティーティーを下げてマリオンを出して防御でマリオンのTPを溜めておくと多分楽。マリオンはサンダーウォールなくても防御でマステマレーザー余裕で耐えるはずなので、マステマレーザー時に強い。

TPは前述のスキルに使うので、攻撃スキルでは使わない。ただし、ヘルラージュのスーパーソニックは攻撃兼TP回収なのでバンバン使う。

ティーティーが武器効果でアイテムでの回復量が上がっているので回復アイテムを使うときはティーティーに使わせる。

こんな感じ。一定ダメージ与えると段階移行。

 

第2段階。マオの動きは、2ターン普通に攻撃→マステマレーザー→3ターン普通に攻撃→魔王球→大魔王烈波のくり返し。ただ、段階移行して最初にどこから動きが始まるかがよくわからない。

第1段階と同じく、リジェネと各耐性アップは張り続ける。他も特に変わらず、マステマと烈波のターンは防御で、その他のターンで攻撃や回復。

 

第3段階。マオの動きは、2ターン通常行動→魔王球→大技(炎・氷・雷の3種のうちからランダム)のくり返し。ただし、氷・雷の大技のあとは休憩ターン→1ターン通常行動→魔王球となる。また、これも最初にどこから始まるかよくわからない。

こちらの動きは、まずフレイム・サンダーウォールを常に張り続け、通常行動2ターン目にヘルラージュでリビングチェイン、魔王球ターンにフレイム・サンダーウォール、大技ターンはティーティー下げてマリオン出して全員防御、休憩ターンはウォール張り直しせずに全員で殴ると言う感じ。

一定ダメージを与えると、セドナ・バーン・ライデンインストールが割り込みで入ってくる(確か合計3回(ラスト1回は各ブレス系強化も入る))。インストール後は4ターン通常行動からの魔王球という動きになる(インストールは4ターンで切れ、その後の動き元のローテーションに戻る)。

とりあえず大技前にリビングチェイン打っておかないと多分悲惨なことになるので常にリビングチェインを打てるTPを確保しつつウォールも切らさず主に休憩ターンに殴るという流れだった。

 

まあこんな感じで倒しました。1時間半くらいかかりました。

f:id:famn7:20160916031226j:plain

 

終わり。

 

シャドウバース コンボエルフ レシピ 

シャドウバース

だいぶ前に調整入れたので晒します 前も書いたように某倍速動画の人を参考にしているのでそっち観たほうが良いです

 

f:id:famn7:20160828193406j:plain

『できない私が、くり返す。』と『生命のスペア』の対比雑記

ノベルゲーム

 『生命のスペア』の情報が公開された時から、「興味あるけど雰囲気が『できない私が、くり返す。』に似てるから模倣に留まってしまうのでは」みたいな感覚を勝手に抱いていた(正確には「そこからどう逸脱するのか」に興味があったのかも知れない)。

 結果を言えば、この二作品は似た雰囲気を持ちながらも対照的だったという感想を抱いた。『生命のスペア』は比較的二次元的二次元作品で、『できない私が、くり返す。』は三次元的二次元作品という感じ。

 『生命のスペア』では、恵璃が「竜次のことを純粋な意味で愛していないのではないか。自分の不安を和らげるために自分の側に置いているのではないか」と悩み、竜次はそれに対して「どんな形でも君が僕を求めてくれたのなら、僕はそれに応えたい」と返した。

 『できない私が、くり返す。』では、詩乃が陸に「あなたは私じゃない誰かを私に投影して私と恋愛している」と言い、陸はそれに対して明確に反論できず破局する。そしてその後、時間逆行を用いて今度こそほんとうの意味で詩乃と向き合おうと決意をする。

 上記の『できない私が、くり返す。』で詩乃が拒絶した「本当の意味で相手を好いていない」という問題を、『生命のスペア』では竜次が受容しているという点で、二作品が対照的だと感じた(自分としては詩乃の拒絶した「好きな人に他の何かを投影すること」が「相手を好いていない」には繋がらないのだが、それはまた別の話なので割愛)。

 他にも細々した点で対照的に感じる部分はあった気がするがとりあえず主だった部分は上記のものなのでこれについては以上。

 これ以外にも、『できない私が、くり返す。』から『生命のスペア』に継承されていた点があったのでそれについて。

 漣

「先にある未来が変わらないのであれば、

 そこに辿りついてしまうまでの日々を、

 懸命に生きていくべきじゃないのかな――ってね」

 

「懸命に、生きていく……」

 

「要するに、後悔しないように生きましょう、ってことさ」

 

――『できない私が、くり返す。』

 

 恵璃

「一度この病気になったら、

 あとは悔いなく生きてくださいって言われてる気分」

「まあ、そう言われたからこそ、

 私は全力で従ってる状態なんだけどね」

 

竜次

「後悔、ないか?」

 

恵璃

「愛する人と一緒にいられて、何を後悔しろって言うのさ」

 

――『生命のスペア』

 

 『できない私が、くり返す。』の主たるメッセージのひとつ、「後悔せずに生きましょう」を『生命のスペア』に引き継がれている。『できない私が、くり返す。』をプレイしたのがまだ最近というのもあって色々と感じる部分があった。ただ、後悔なく全力で生きても、限られた時間の中では悔いは残るよなあと思った。そういうのもあって、二次元的ではなく比較的二次元的と表記したわけです。

 

とりあえず以上です。

『生命のスペア』 雑記

ノベルゲーム

 『生命のスペア I was born for you.』というタイトルであるが、作品から伝わってくることは「生命に代用はないし、あなたは他人の代用として生まれたわけじゃないよ」といった感じで、タイトルとは逆を行くような印象だった。

 逆を行くという点では『できない私が、くり返す。』の時も同じようなことを感じたし、ライターがそういうのが好きなのかも知れないと思えた(中島大河シナリオはこの2本しかやってないのでこれだけで判断するのはどうかとは思うけど)。

 

 主人公や周辺人物が超常的な能力を持っていたり、世界そのものの在り方が僕らの居る世界と違ったりということは特になく、作品の世界観は三次元的であったと思う。

 主人公と恵璃の人生観というか思想の在り方というか、それに関しては主人公は二次元的、恵璃は三次元的であったように思う。ただ、恵璃に関しては時が進むに連れてその在り方が二次元的方向へのシフトしていたので、最終的には二次元的であったと思う。作中でそう感じる場面は何度もあったが、印象的なのは

 

 恵璃

「しあわせなまま長生きするって?

 ふうん、贅沢なこと言っちゃうんだね」

 

竜次

「でも、それが理想だろう」

 

恵璃

「まあね。……ま、理想は理想のままなんだけど」

 

――『生命のスペア』

 

恵璃

「奇跡、って呼んでいいのかな?これは」

 

竜次

「その呼び方するなら、もう少し違う何かが起きて欲しかった」

 

恵璃

「痣が綺麗さっぱり消えましたー、とか?」

 

竜次

「そう、だな。それくらいの方が奇跡って呼べる」

 

恵璃

「ま、残念ながらそんなことはないっぽいけどね」

 

――『生命のスペア』

 

 恵璃

「やだよ、生きたいよ……!

 竜次と、もっと……もっと、過ごしてたい……!!」

 

竜次

「っ……諦めてるって、言ってなかった、か……っ?」

 

恵璃

「その、つもり、だったよ……?

 ちゃんと死ぬ覚悟、できてるつもりだった……!」

「でもっ……でもぉ!

 竜次と離れたくないって気持ち、すごく、強い……!」

「嫌だよぉ……!

 ずっと、竜次と、生きていたい……!!」

 

――『生命のスペア』

 

 上二つの引用は竜次が二次元的で恵璃が三次元的、最後の引用は物語終盤で、この場面では両者ともに二次元的思想となっている。恵璃の諦めの姿勢が終盤になって揺らいだのは、竜次が一貫して諦めない姿勢を貫いていたからなのだろうと思う。二次元世界に於いて最も力を持つのは、やはり理屈や理論ではなく世界認識や意思の力なのだと思うことが多い。

 ただ、本作品は二次元作品ではあるが三次元的作品であるため、竜次の意思の力が干渉できたのは恵璃の意思のみに留まり、ああいう結末になったのだと思う。奇跡の起き得ない世界で奇跡を願いながら生きていく姿は、傍から観ているととても息苦しいものだった。そして、この息苦しさが本作品のひとつの魅力というかポイントのようなものだったと思う。

 あとは最初に書いたように「生命に代用はないし、あなたは他人の代用として生まれたわけじゃないよ」という、生命の唯一性がこの作品の主だったメッセージだと思う。言ってることは単純で、ありきたりと言ってしまえばそれまでだけど、そのメッセージを光らせるだけの視覚や聴覚への情報量と演出があり、ミドルプライスでここまで出来るのであれば十分良い作品だと思える。