読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィザーズコンプレックス 雑記 追加分2

ノベルゲーム

アイリス√の雑記で、アイリスが『流される人』から『主体的・主観的決断をする人』に変化していったみたいな話をしたけど、別にアイリス√に限らず全√でこの変化が観られたような気がした(一葉√に関しては微妙なところあるけど)。

 

アイリス

「これで蒼さんたちが負けて、責められて、生徒会役員を

 辞任するようなことになるのが一番いいのかなって」

「東塔の子たち、ちょっと身勝手かなって思うから……

 それで、蒼さんたちが傷つく必要なんてない、って」

(中略)

「私……本気で東棟に敵として立ちはだかりたい」

「蒼さんたちを倒すことで蒼さんたちを救うなら、

 それが礼儀だと思うから」

 

ウィザーズコンプレックス 鳴√

 

シャリー

「音頭はあなたが取るのよ、アイリス」

アイリス

「う、うん、それじゃあ……」

「みんなで勝とうね!」

 

ウィザーズコンプレックス 一葉√

 

 アイリス

「バカにしないで!」

鼓膜が震えるほどの怒声に、かけようとした言葉を見失う。

ほのか

「バカに?そんなつもり……ど、どうして……」

アイリス

「勝手に私の心を理解したつもりにならないで!

 私を守ろうとしないで!」

「私は自分で決めたの!西塔の生徒会長として、

 あ、あなたたちと戦って……勝つって」

ウィザーズコンプレックス ほのか√

 

鳴√では蒼たちを救うための決断を、一葉√ではみんなで勝つという決断を、ほのか√では西塔生徒会長として戦って勝つという決断をそれぞれしたわけです。

一葉√のこれを主体的決断と言っていいのか少し考えたけど、流されるままのアイリスだったら、「私なんかが音頭取っていいのかな…?」とか言っただろうし、実際に音頭取ったとしても「みんなで勝とうね!」なんて力強く言えたと思えないし、明らかにアイリス自身の意思が篭った発言に観えたから、問題ないと判断しました。

アイリスってどの√でもどこからか圧力受けてて観ていてメチャクチャ胃が痛いんですけど、最後には押し潰されず自分を持つことに成功してる感じがするので強い子だなあって思う。

 アイリス強い子、優しい子。

 

おわり。